住宅ローンの借り換え 低金利・格安手数料で選ぶなら

株式会社 ジービーエル 住宅ローンの借り換え推進委員会 HOMEプライバシーポリシーお問い合わせ
住宅ローンの借り換えはご自分でできます!しかし、多くの検討事項の確認と時間を費やしたのちご自分の判断が必要となります。
住宅ローン借り換えの検討タイミング住宅ローン借り換えのサポート実績住宅ローン借り換えのサポートで選ばれる理由住宅ローン借り換えサポートの無料相談住宅ローン借り換えのFAQ住宅ローン借り換えとその他サービス
住宅ローン借り換え全力サポート宣言

住宅ローンの借り換えは、低金利がいかせる今がタイミングです。

今も多くの方が、住宅ローンの借り換えを実行されて大きなメリットを受けて見えます。
平成21年度の借り換えの件数をみても、約13万件となっており、借り換えを実行された
方の理由も、「金利の低さ」となっております。

また、金融機関も低金利の住宅ローンを揃えて顧客の獲得競争が激化しています。
超低金利の住宅ローンを提供する銀行も現れて、住宅ローンの借り換えメリットは、
皆様の想像をはるかに超えており、月々数万円も返済額を減らすことができる
チャンスです。

では、何故借り換えをされないのでしょうか? 一番の理由は「手続きが面倒だから」です。
「手続きが面倒だから」という理由は、弊社が借り換えの処理を代行することで
解消できます。

是非、戸建の方・分嬢マンションの方も、この機会に住宅ローンの金利を見直して
住宅ローンの借り換えをしましょう!!

弊社は、お客様の借り換えによるメリットが最大となることに全力を尽くします。



住宅ローン借り換えの検討基準
・借り換えの金利差メリット例
・ローン審査が通りにくい条件
弊社の住宅ローン借り換え実績
・弊社の借り換え実績
住宅ローン借り換えサポートで選ばれる理由
・成功報酬型の料金
・お客様にあったベストな提案
・借り換え処理を出来る限り代行
     
住宅ローン借り換えの無料相談
・無料相談とは
・無料相談の流れ
住宅ローン借り換えのFAQ
・借り換えの基本的な質問
店頭金利と優遇金利、金利タイプ、借り換えとは、借り換えは簡単?
住宅ローン借り換えの金利差を使ったサービスメニュー
・リフォームも実施希望の方
・太陽光発電システム
・オール電化
2大リスク
返済額アップ 金利の変動のリスク
返済可能額のダウン 収入ダウンや臨時の支出増大のリスク
このような理由により、ローン返済について今すぐにリスクに備える必要があり、金利等の見直しが必須になっています。 日々、お忙しく検討する時間がない、実施する時間がないという理由で先延ばしをするのではなく まずは1歩踏み出してください。

このサイトではいろいろなお役立ち情報を掲載しておりますので、ご一読いただきまして、お気軽に弊社にご相談ください。
低金利による金融機関の顧客の獲得競争が激化とは
住宅ローンは、低金利時代に数少ない高収益商品として、従来、各金融機関が運用商品と並んで個人事業の最重要商品と位置付けてきました。近時は、新規参入を含め業態を越えた競争が激化しており、各金融機関は、商品開発・サービス拡充にしのぎを削っています。今後、住宅ローンのさらなる競争激化や金利上昇による環境変化が予想されます。

ほぼゼロ金利で預金が集まるため、低金利で貸しても鞘が取れることを前提に各金融機関とも積極的に拡販をしております。
ネット銀行等の新規参入とは
さらに、ネット系専業モーゲージバンクによる低金利貸出や住宅販売会社系の顧客接点を生かした営業など、新規参入も増加してきました。消費者もインターネットで各社の住宅ローンの条件を比較することが多くなり、住宅ローンの借り換えでネット銀行を選択される方も多くなってきております。通常の銀行では、店舗を持って銀行を経営するには、たくさんの社員が必要ですし、お金もかかりますが、ネット銀行では、ネットや電話を通して住宅ローンを提供する会社で、たくさんの社員も要りませんし、店舗も少なくてすむ分、お金もかかりませんが、ネット銀行ならではのデメリットも出てきております。
 
1 住宅ローン借り換えの条件表示が不明確
2 仮審査と本審査の基準が違うことがある
3 審査基準が相当厳しそうだが、不明確
4 新規の場合、優遇金利の適用条件が厳しい
5 不合格理由が明確でない
6 担当者の顔が見えない
7 担当者の電話口での対応に不満がでる可能性がある
8 社内の処理方法、スピードが不明確
9 自営業者には、審査が通るハードルが高い
低金利による住宅ローン借り換えについて
住宅ローン借り換えの実績を見ますと
他の住宅ローンからの借換の実績
① 新規貸出額(単年度の集計)
  平成
16年度
平成
17年度
平成
18年度
平成
19年度
平成
20年度
平成
21年度
件数(件) 42,837 66,824 73,366 73,077 101,380 131,279
金額(億円) 8,333 12,902 15,073 14,865 19,359 24,878
平成23年3月 国土交通省 住宅局資料より


平成21年度の実績で住宅ローンの借り換え件数は、約13万件以上金額は、約2兆4800億円となっております。年々、件数と金額は増加しています。

 

住宅ローン借り換えで、選択された金利タイプの実績をみますと
借り換えによる金利タイプ(年齢階層別、世帯年収別)
平成23年度民間住宅ローン借換実態調査
(住宅金融支援機構)N=812件


住宅ローンの借り換えをされたうち46.3%の方が変動金利を選択されています。
低金利を生かした借り換えを実行されて、
大きなメリットを受けられています。

住宅ローンの借り換えをされたうち20歳代では、66.7%の方が変動金利を選択されています。その他の年代でも40%以上の方が変動金利を選択されています。

住宅ローンの借り換えをされたうち世帯年収別では、年収1,500万円以上で50%の方が変動金利を選択されています。
その他の年収でも40%以上の方が、変動金利を選択されています。

住宅ローン借り換えを何故されないか?
楽天リサーチ株式会社は、住宅ローンに関するインターネット調査を実施。
今回の調査は、8月20日から21日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約170万人)の中から、住宅ローンの借入をしている全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に実施。
借り換え理由は「金利の低さ」。借り換えをしないのは「手続きが面倒だから」
今後の住宅ローンの金利の見通しに関する質問では「徐々に上昇」が49.7%、
「あまり変わらない」が39.9%となっております。


これから住宅ローンの借り換えを検討しているか?(n=1,000)単位:%

一方、住宅ローンの借り換えに関する質問では、「借り換えはしない」が最も多く32.9%
「将来は借り換えを検討したい」が25.3%で続く結果となりました。

金利の動向に合わせて当面は現状を維持しようと考えている人が多いことがわかります。

上の質問で、住宅ローンの借り換えを検討していない方に理由を聞きました(複数回答可)。
住宅ローンの借り換えをしない理由(n=329) 複数選択 単位:%

最も多い回答は「手続きが面倒だから」(47.1%)
次いで「手数料がかかるから」(38.3%)
「今の金利が高いとは思わないから」(27.7%)が2、3位の回答となっています。

住宅ローンの借り換えをした、または検討している理由(n=193)単位:%

当初より金利が低い水準にあるから」が54.5%と突出して多かった。
また、「住宅ローン金利が上がりそうだから」という回答も27.3%となっております。

住宅ローンの借り換えをしない理由としては、「手続きが面倒だから」が47.1%でトップとなっています。 弊社の無料相談では、お客様に手続きの面倒さを感じさせないように、出来る限り代行致します。 一日でも早い時期に、「住宅ローンの借り換え」を検討、実施してください。
まずは、弊社にお問い合わせください。
すぐに行動せずあと延ばしにして行動しないのは、大きなリスクとなります!

2012年1月29日のヤフーニュース
に、「住宅ローンの支払いがピンチ。どうすべきか」という記事が掲載されました。すでに読まれた方も多いかと思いますが、他人事とは思えない記事です。ニュースを要約した内容は、以下のとおりです。
住宅ローンの返済が出来なくなった主な理由
1 給料が減った、ボーナスが出なかった
2 会社が倒産した
3 事業に失敗したなどという、債務者の主に収入が減った、あるいはなくなった
4 何か他にお金が必要になった
5 マイホームローンの他、カードローンやクレジットの支払い、マイカーローン、教育ローンなどの返済がかさみ多重債務者となってしまった
という理由で、住宅ローンの返済できなくなったらどうなるのか? その対応策は?
住宅ローンの返済が難しくなってきた場合、次のようなステップで対処方法を検討してください。



家計の見直し




住宅ローンの借り換え検討



金融機関との返済計画見直し交渉


※絶対やってはいけない禁止事項!

延滞をすると個人信用情報にその情報が記載されます。
そうすると、他の金融機関への借り換えがとても難しくなることも知っておきましょう。
住宅ローンの返済が難しくなった場合、よくあるのが、クレジットカードからのキャッシングやカードローンからの借入で返済を行う人がいますが、絶対にこのような行動はやめましょう。
このような借入金が増えると借り換えも難しくなります。

ちなみに、自己破産の要因のなかで多く聞かれる原因のひとつが今回のような住宅ローン返済のための借入を行うケースです。はじめは1回だけと思いながらも、次には消費者金融からの借入が始まり、雪だるま式に借金が増えてしまいます。借金返済のための借金は厳禁です。

住宅ローンの返済が出来なくなる前に、弊社の無料相談して下さい。
お客様の立場に立って対応策を検討いたします。

2012年03月 金利 10年債利回り0.960%に低下
2012年03月 2012年版 住宅購入優遇制度一覧
2012年03月 メガバンクの住宅ローン借り換えの金利比較
2012年02月   消費税が上がると、住宅購入への影響は?
2012年02月   当てはまれば確定申告でお金が戻る可能性大
2012年02月   家庭の電気料金、政府の監視強化 値下げ命令も
2012年02月   中古マンション1年売れないと、約2割値下げ
2011年11月   建築物リフォーム・リニューアル調査報告 発表
2011年10月   耐震補修と住宅ローン(家を守るお金の工夫)
2011年07月   平成22年住宅市場動向調査について
2011年04月   変動金利住宅ローン、繰り上げ返済に要注意
2011年03月   公示地価(地価公示価格)発表
2011年03月   他の住宅ローンからの借り換えの実績(国土交通省 住宅局資料より)
2011年02月   サラリーマン世帯の住宅ローン比率・返済率が過去最高に
2011年01月   国債格下げ・・・変動金利は
 

とりあえず、話だけでも聞きたい方今すぐ相談したい方無料相談
住宅ローン借り換えの基礎知識
住宅ローンの金利動向
住宅ローン借り換えの
検討タイミング
住宅ローン借り換えの
メリット・デメリット
住宅ローン借り換えの選び方
住宅ローン借り換えの手順
住宅ローン借り換えの諸経費
住宅ローン借り換えの審査
住宅ローン借り換えのFAQ
住宅ローン借り換えのクチコミ
住宅ローンの用語集
住宅ローン借り換えサポート
サポート担当者の
「借り換えの思い」
住宅ローン借り換えサポートの
無料相談
住宅ローン借り換えの
サポートで選ばれる理由
住宅ローン借り換えと
その他サービス
住宅ローン借り換えの
サポート実績
プライバシーポリシー


東海圏
関東、関西
O円太陽光とは・・・?